カーナビやETCなどのパーツはプラス査定になるのか

カーナビやETCなどのパーツはプラス査定になるのか

車 カーナビ ETC プラス査定

 

カーナビやETCを付けたまま車査定に出すと、買取金額がどのくらいアップするのでしょうか。

 

社外品に変えた場合など、どの程度の査定額への影響が出るのか気になりますよね。

 

車を高く売りたいと考える方は、このあたりのパーツが少しでも高く売れないかと考えるのではないのでしょうか。

 

カーナビはプラス査定になる

 

カーナビはプラス査定になりますが、種類や使用年数などにより査定額が違います。

 

中でも人気なのは、インダッシュタイプのHDDのカーナビです。

 

インダッシュのタイプのカーナビでも、HDD>DVD>メモリー の順番で安くなってしまいます。

 

地デジTV対応や車外カメラ、フリップダウンモニターなどがあることによってもプラス査定になります。

 

しかし故障しているカーナビが付いていたり、取説が無い、リモコンやDVDが無いなどの場合はマイナス査定になりますので注意してください。

 

取り外して売る

 

カーナビと車を一緒に売るよりも、ナビに価値のあるものなら単品で売った方が高く売れる場合もあります。

 

パーツのの買い取り店もあるので、そのようなところに売ると高く売れます。

 

というようなことを言う方も多くいます。

 

しかし、外すための工賃とカーナビの無いことによるマイナス査定を考えると、結局時間と手間がかかるだけで、そこまでプラスになることはありません。

 

私おすすめはカーナビと車を別々に売るよりも、一緒に査定してもらった方が良いということです。

 

ETCは取り外さずにそのまま売る

 

ETCはまずプラス査定になるようなことはありません。

 

新品で購入しても4000円〜5000円程度で購入できてしまうため、中古に数千円も値段が付かないのです。

 

なら取り外して部品だけとして売ろう、と考えますがそれもやめておきましょう。

 

ETCを取り外すのは少し面倒なので、車をいじる人でない場合とても時間がかかってしまいます。

 

取り外しを頼むと工賃で5000円近くかかってしまいますので、無駄になってしまいますね・・・

 

ということでETCはプラス査定になることはないと考えて一緒に引き取ってもらう考えでいるのが良いです。

 

ETCの情報はどうなる?

 

ETCには車のナンバー、ボディのサイズ、車重などの情報が入っています。

 

そのまま売ってしまうと、個人情報が流れてしまうのか?と考える方もいますよね。

 

個人売買の場合は取り外した方が無難かもしれませんが、一般的な車の買取業者では心配する必要はありません。

 

車を買い取られてそのままETCを使ってもらう場合は、車の情報の再セットアップをするのであなたの情報は削除されます。

 

なので安心してETCはそのまま引き取ってもらいましょう。

 

注意することは、ETCカードを刺したままにして渡してしまわないようにしましょう。

 

車を高く売るなら純正品をとっておこう

 

買った車のパーツを純正品から社外品に変えたいことってありますよね。

 

その場合、純正品が余る場合は売却してしまわないでとっておきましょう。

 

とくにナビの場合は純正品だと高く売れる傾向にあります。

 

自分で車をいじれる方は、純正品と社外品がある場合は、純正品に戻しておいて社外品のパーツをパーツ買い取り店に売るのが1番高く売れます。

 

自分で車をいじれない方は、純正品と社外品を両方取っといておき、車を売る時に一緒に査定してもらいましょう。

関連ページ

初めてでも車を高く売ることはできる!下取りよりも高く売ろう!
車を少しでも高く売る方法を紹介します。 初めて車を売る方は、下取りで手放す方が多いですが、確実に損をしますので注意してください。 利用者が増えている一括査定サイトを賢く利用して、高く車を売りましょう。