車を売る時に必要になる書類。準備しておく書類とそうでないもの

車を売る時に必要な書類とは?先に準備しておく書類とそうでないもの

車 売る時 必要書類

 

車を売る時に必要な書類には捨ててしまいがちなものもあります。

 

これから車を売ろうと考えている方は、必要書類の不備の無いように準備しておきましょう。

 

もうすでに車の査定や下取りに出している場合は、買取業者やディーラーからどの書類を用意しておいてほしいと言われていると思います。

 

先に用意しておいてスムーズに取引できるようにしておくと良いですね。

 

ちなみに車査定に出すだけなら車検証があればOKですよ。

 

車売却時の契約に必要な書類

 

先に準備しておくべき書類と、買取業者やディーラーから準備しておいてと言われてからでも間に合う書類があります。

 

基本的には後から準備しても十分間に合う書類ばかりなので慌てる必要はありません。

 

先に準備しておく必要書類

 

先に準備しておく書類は1つしかありませんが、こちらは捨ててしまう方も多いと思うので注意が必要です。

 

自動車納税証明書

 

こちらは毎年5月までに支払う自動車納税証明書です。

 

コンビニなどで支払う方が多いと思いますが、その証明書を車検証と一緒にとっておくと無くすことはないでしょう。

 

私は昔、知らずに毎年捨てていました。

 

車検を通すときと、車を売却するときに必要になるので気を付けましょう。

 

実際に売る時に言われてから準備しても間に合う書類

 

ほとんどがこちらになりますが、すでに車に乗っているもの多いと思います。

 

車検証

 

自動車検査証(車検証)は、車の中に携帯しておくことが義務付けられているので普通は車の中にあるはずです。

 

紛失してしまっている場合は、運輸支局で再発行してもらいましょう。

 

自賠責保険証

 

自賠責保険は車検と一緒に毎回入る強制保険の、加入証明書になります。

 

こちらも車検証と一緒に車に入っていると思います。

 

紛失した場合は保険会社に再発行してもらいましょう。

 

リサイクル券

 

自動車リサイクル料金を預託している場合は必要になります。

 

紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページで再発行してもらいましょう。

 

リサイクル券のことが分からなかったら、自動車買い取り店やディーラーに聞いてみてください。

 

実印

 

車を購入した時と同じように、売却時にも必要になるので用意しておきましょう。

 

市町村へ登録してあるものが必要になります。

 

印鑑証明書

 

実印が市町村に登録されているか証明するための書類になります。

 

3か月以内に発行されている印鑑証明書が必要なので注意してください。

 

委任状

 

委任状は車の名義変更の手続きを買い取り店やディーラーへ任すための書類になります。

 

こちらは相手側に用意してもらうので、準備の必要はありません。

 

譲渡証明書

 

こちらは車を譲渡することを証明するための書類になります。

 

委任状と同じく買い取り店やディーラーが準備してくれます。

 

住民票

 

車検証に載っている住所と異なっている場合のみ必要になりますので、基本的に必要ありません。

 

住所が変更している場合は、車を売らなくてもなるべく早く車検証の住所も変更しておきましょう。

 

以上が車を売る時に必要な書類になります。

 

ほとんどがすでに車に乗っていたり、自分の準備することのない書類になります。

 

あらかじめ準備しておく書類は自動車納税証明書ですが、無くしてしまったり捨ててしまうことも多いと思います。

 

これから車を売ろうと考えている方は、車検証と一緒にとっておきスムーズに取引できるようにしておきましょう。

関連ページ

車を査定に出す前に洗車や掃除をすることでの査定額への影響は?
車を少しでも高く売る方法を紹介します。 買取、下取りでの査定前に洗車や車内の掃除はした方が良いのか? 実際の査定額への影響を説明しますので参考にしてください。